INTERVIEW職員インタビュー

商品本部職員

商品本部

入社年2016年

未来を見据えた様々な売り方を
提案・実現させていく

  • 商品や販促・売り方を提案

    ー普段の仕事を教えてください

    当社には、様々なメーカーの商品や新たな売場を提案できることに興味を感じて入社しました。今は実際に商品・販促・売り方(棚割り等)の提案を行っています。市場として伸長している商品やブランドを見つけて、それを大手コンビニエンスストアに並べてもらえるように資料を作成し、提案する流れです。市場調査や担当カテゴリーの知識習得のための勉強も大切な業務です。また、商品の新規取扱い時にはメーカーとの口座開設や初回発注数量の打ち合わせといったバイイング業務や価格面や物流面での条件改善に向けた交渉なども行います。

  • 市場の未来を考え
    提案を練り上げる

    ー仕事のやりがいは何でしょうか

    どのような売場を目指すべきかを常に考えて提案し続ける面白さがあります。
    同じ商品でも、時期・期間・販売エリア・品揃え・その時の社会背景等の要因によって提案内容は変わりますし、売行きも変わります。

    市場を読み取り、新たな売場提案を考えることが楽しいですね。同時に、飽きることなく続けられるやりがいでもあります。

  • 一人の裁量が大きく、
    責任感とやりがいがある

    ーSVDの魅力は何でしょうか

    社員一人ひとりが担当業務に責任感とやりがいを持って携われる会社です。社員数がそこまで多いわけではない分、一人の裁量は大きいです。

    また、中途採用者が多いため、多種多様な前職の経験を活かしながらそれを融合して仕事を進められる面白さも魅力の一つだと思います。社内勉強会も行いながら、皆で提案の仕方を磨き合ったりもしますよ。研修など、学びやすい環境も整っています。

  • “あてにされる人”を目指す

    ー今後の目標を教えてください

    “あてにされる人”になりたいです。「あなたに任せたい・あなたなら大丈夫だ・あなたに相談したい」など、私だからこそ必要だと思ってもらえるようになりたい。そのために、日々の細かな業務も丁寧に進めることを心掛けています。

商品管理本部職員

商品管理本部

入社年2016年

社内外と連携して
全国の約2万店に安定供給する

  • 化粧品・医薬部外品の
    在庫管理に携わる

    ー普段の仕事を教えてください

    大手コンビニエンスストア加盟店からの発注に対して化粧品・医薬部外品商品の安定供給に向けた在庫管理を行っています。季節性による受注の変動やトレンドを踏まえ、受注予測を立てながら、メーカーの生産スケジュールを確認・調整しています。

  • 多くの人と連携をとって
    仕事を動かす面白さ

    ー仕事のやりがいは何でしょうか

    コンビニエンスストアのMD・DB(※)をはじめ、店舗のオーナーや地区事務所の会計担当者、店舗経営指導員、物流センター、メーカーといった様々な人と関わります。最近だと、SNSでの口コミから、1日で発注数が300%になることもありますから、情報を逐一共有しながら連携をとっています。必要な知識が多く、初めはわからないことも多いですが、背景や仕組みが理解できるとすべての仕事のつながりがわかるので面白いですよ。

    MD:マーチャンダイザー。商品の企画・開発の担当者。
    DB:ディストリビューター。在庫管理の担当者。

  • 仕事の成果が全国の
    約2万店舗で見られる

    ーSVDの魅力は何でしょうか

    お得意先様を通して自身が携わる商品が実際に全国の約2万店舗で展開されるので、仕事の成果や影響を目で見て実感できるところが魅力です。化粧品には、春夏・秋冬のシーズンで陳列するアイテムの什器を変えたりします。入社してからは、コンビニエンスストアに行くと、そういうところを見るようになりましたね。

    また、社内では現在は年代が若い社員が増えています。仕事の相談はもちろん、プライベートな相談をしやすい環境が魅力だと思います。

  • 新しい商品に挑戦したい

    ー今後の目標を教えてください

    担当商品によって需給管理の方法や、得意先から求められることが異なるので現在携わっている商品以外にも挑戦してみたいです。

    また、将来キャリアを築く中で妊娠、出産、子育てとライフステージの変化があるかと思います。今の部署では、女性社員で子育てと仕事を両立しているモデルケースがないので、日々仕事に精進しながら、ゆくゆくは働く女性社員の先駆け的な存在になれたら良いなと思っています。

物流本部職員

物流本部

入社年2013年

100人超が働く配送センター
運営の工夫でより良い職場に

  • 運営センターで
    商品の配送を管理

    ー普段の仕事を教えてください

    私は、茨城県のセンターでセンター長を務めています。センターでは、ペットボトル飲料やお菓子などの常温商品の仕分けと、大手コンビニエンスストア加盟店への配送を行っています。日々、100%の作業・納品が求められ、決まった時間に注文に沿った物を各店舗に届けます。
    働いている方は、パートの主婦の方や、ドライバーなど100人以上。私はそこで、庫内・配送業務を管理する立場です。

  • 作業者の負担を減らし
    生産性を上げる工夫

    ー仕事のやりがいは何でしょうか

    工夫一つで生産性を上げられることが、やりがい。現場を見て、作業しづらそうな箇所があれば、話を聞いたり考えたりして改善します。作業の手を止めずに済むようにすることを意識していますね。改善して、作業者から「負担が減って、楽になった」と言われると嬉しいです。

    また、数年前に自然災害があった際には、コンビニエンスストアは必要物資を得るための重要な拠点であることを強く感じました。供給する側として、やりがいと責任も実感しています。

  • 社員に寄り添って
    くれている会社

    ーSVDの魅力は何でしょうか

    社員のことを考えてくれている点です。私はセンター勤務のため、本社からは離れています。ですが、ストレスチェック・面談制度や、勤怠管理システムが整備されているなど、社員に寄り添ってくれていると感じます。

  • いつも元気に働き続けられる職場環境づくり

    ー今後の目標を教えてください

    共に働いてくれる方々が笑顔で健康的な生活を送る手助けができる環境・空間を作っていきたいです。例えば、ドライバーが荷物を積み降ろしするのも大変な作業。そうした負担も、商品を置くスペースを広げたり、棚の位置を変えたりすることで、減らしていくことができる。より良い環境づくりをして、元気に働き続けられる職場にしていきたいですね。

管理本部会計部職員

管理本部会計部

入社年2017年

発言しやすく、助け合う社風
ベテランが多いのも当社の強み

  • 各取引先への請求書発行
    など債権管理

    ー普段の仕事を教えてください

    主に債権管理を担当しています。各取引先への請求書発行から入金消込、小口現金出納などが中心。請求書の項目は多岐にわたり、月400件以上の請求が発生します。毎月月末までに発生した収益等を翌月初に請求、指定した期日までに回収し、残高を管理する役割です。決算時には監査法人と共に当社運営センターの棚卸監査に同行するなど、社外での業務も行います。

  • 店でアイテムを見ると全国に流通させている実感が湧く

    ー仕事のやりがいは何でしょうか

    当社が商品を届けるコンビニエンスストアは、生活に密着した業態。店で当社取り扱いの商品が陳列されているのを見かけると、当社社員の働きの結果として多くの商品が全国に流通していることを実感できてやりがいを感じます。

    また、会計部としては、正確性が求められる職種です。日々の業務を進めつつ、自分なりに工夫して効率化できたときは達成感があります。

  • 手厚くサポートしてくれる体制

    ーSVDの魅力は何でしょうか

    当社には、知識・経験が豊富なベテラン社員が多数在籍しています。業務に行き詰まったときには気軽に相談にのってもらえます。緊急度の高い業務でのトラブルに助けていただいたことも何度もありました。うまく聞けなくても本当に知りたいことを汲み取ってくれたり、その後の仕事もスムーズに進むように他部署の方と引き合わせてくれたりと、本当にありがたいですね。

    ミーティングでも発言しやすい雰囲気をつくってくれます。意見が言いやすい会社だと感じています。

  • 業務の精度を上げながら
    幅を広げていく

    ー今後の目標を教えてください

    会計というと、毎月、同じ仕事のルーティーンという印象がありました。ですが、消費税率の引き上げに伴う対応など、法令の改正等があると、それに合わせた形での業務見直しが必要になります。現在担当している業務の精度を上げていくのはもちろん、情報収集を心掛けてこれからも様々な経験を積んで業務の幅を広げていきたいですね。

PAGE TOP